気軽にコウモリ駆除の相談をできる業者はネットで検索

作業員

専門家しか対処できない

女性

日本には全国各地にコウモリが生息しています。日本で一番よくみられるのは、アブラコウモリと呼ばれる体調5センチほどの小さなコウモリです。身体が小さいことから、どんな隙間でも侵入できてしまうため、よく住宅の屋根裏などに住み着いてしまうことがあります。コウモリは自分の身体よりも小さな隙間でも通り抜けることができるため、雨風をしのぐことができる屋根裏のほんのわずかな隙間を見つけては、そこへ侵入して巣をつくることがよくあります。何年もの間屋根裏に巣をつくっていたことに気付かないと、ときには100匹を超えるコウモリが生息していたなんて事例も過去には存在しています。そのような事態にならないようにするためにも、コウモリがいることを確認したらコウモリ駆除を行ないましょう。コウモリ駆除でしらなければならないことの一つに、コウモリは勝手に駆除をすることができないということがあげられます。鳥獣保護法という法律が日本にはあり、コウモリはこの法律の対象とされているため、個人が勝手に駆除を行なうことはできないのです。そのため、必ずコウモリ駆除の専門家に協力を仰ぐ必要があります。

コウモリが住み着くと、人体に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。コウモリは明るいうちは全く動かず、同じ場所に糞をします。その溜まった糞が天井からしみ出してきたり、乾燥して空気中に飛散すると、そこで生活をしている人が感染症にかかってしまう可能性が生じます。また、コウモリはダニやノミなどを一緒に持ち込んでくるので、アレルギーを引き起こしてします可能性もあります。健康の面から考えても、コウモリ駆除はとても大切なものであるといえるでしょう。